「自然」な強さを考える。

「自然」な強さを考える。

私は常々「自然な人」ってやっぱり強いなぁと思うのです。

「自然な人」って何かと言うと、「ありのままの姿でいる人」ですね。

ただし、「空気を読まずに、何でも言いたいことを言う人」とかではありません。
そして、「周りの空気を読む」でもなく、「空気の流れに自然と乗れる人」だと思うんです。

自分を大きく見せるだとか、嫌われるのを恐れて周りに合わせ過ぎるだとか、
そういった次元ではない人ってたまにいませんか?

本人は至って自分の欲求に忠実だったりするんですけど、
誰かに迷惑をかけたり傷付けるようなことはしないんです。(うまいことに)

そういう自然な人というのは、表には出さないけれど、自分自身に絶対なる信頼があるんだと思うんです。
自分を受け入れ、尊重するやり方を知っている。
だから、人に対してもそれが自然とできるんですよね。
誰にも自分にも執着しないし、否定もしない。
自然だから、鼻につく感じも全くない。

無理矢理、面白く見せようとか、自分を大きく見せようとか、何かに固執している人、
裏に別の目的があって取り繕おうとしてる人って、やっぱりどこか「不自然」。

「不自然」は無理をしている状態ですから、
本人は(気付いてなくても)苦しいし、周りも見ていてお腹いっぱいになってしまう。

意外と自分の中で手放せない「執着」とか「プライド」とかって、本当は不必要なものだらけな気がします。
自分を取り繕おうとしているものだからかな…
取り繕った姿を受け入れてもらうより、ありのままの姿を受け入れてもらった方が、何倍も何十倍も幸せなんじゃないかなぁと、ふと思う。

なんだか最近、周りにも自分にも「不自然サーチ」が敏感に作動しているので、こんな記事を書いてみました。笑

なんかしんどいな…と思ってる人は、自分が「不自然」な行動をしていないか?
周りに「不自然」な行動をして来る人がいないか?
考えてみると、自分の本来の姿や考えが見えてくるかもしれませんよ☆

思考・考え方カテゴリの最新記事