「妄想癖」は特技!プラスを引き寄せる妄想力の使い方。

「妄想癖」は特技!プラスを引き寄せる妄想力の使い方。

いよいよ梅雨入りですね。
お天気が悪いと、何となく気分もジメジメしてしまいがち…。
繊細で敏感な人ほど、天気や環境によっても気分が左右されやすいものです。
そして気分が下がり気味の時こそ、物事を前向きに捉えるのが難しく、くよくよ悩んだり悶々としてしまいますよね。

今回は、特に直接自分に悪い事が起きたわけではないけれど、
気候や周りの環境が原因で、ストレスやモヤモヤを抱えやすい人にこそ試してもらいたい「思考術」をご紹介したいと思います☆

まず前提として知ってもらいたいのは、そういう敏感体質な人は、無意識のうちにネガティブに物事を妄想するクセが身についています。
いわば「妄想癖」ですね。
(「妄想癖」と言われるとなんかイヤですよね。笑)

いつもマイナスの方向に妄想を働かせてしまったり、
マイナスの感情にばかりに焦点を当てて浸りきった状態を続けていれば、
いつまでたっても悶々とした気分から抜け出せません。

とはいえ、思考は無意識
簡単に止めることはできません。

では、どうすれば良いのか?

落ち込み始めたり気分がモヤモヤし始めたら、
「あ!今なんか悪いモードに突入している…!!」と、まずは気付く事が大切です。

そして、ここからが「妄想癖」なあなたの力の見せどころ。笑

繊細で敏感な人ほど、周りの空気を読み取ったり感じ取ったりする能力に長けているのです。
上では「妄想癖」と書いてしまいましたが、繊細で敏感な人には、人よりも豊かな「想像力」が備わっているのです。
その「想像力」があるからこそ、知らず知らずのうちに周りの人の感情を読み取っていたり、他人の痛みを自分のもののように受け取ってしまう事が多いのですね。
これは時に、自分自身を苦しめる能力であるのも事実。
ですが、違う見方をしてみてください。
あなたは「思考の切り替え」や「イメージング」がとっても得意なんだという事。
今、それを実感してください。

そして、今までマイナスの方向に働かせていた妄想を、プラスの方向に向ける事に意識を集中してみてください。

ここで勘違いして欲しくないのですが、「プラス思考になってください」と言っているわけではありません。

あなたが今までの人生の中で経験して来た「幸福感」を思い出してください。

「幸せな出来事」を思い出すというよりは、
「幸せな出来事によって満たされている自分」に意識を向けるのがポイントです。

例えば…

 恋人と近所の公園にレジャーシートを持ってピクニックに行った。
 春の穏やかな気候で、陽だまりが気持ち良い。
 遠くに聞こえる鳥のさえずりや川の水の音が聞こえていて、ただ横になってボーッと過ごした心地良い時間…
 →とっても穏やかで満たされている、安心感に包まれている

でも良いですし、

 放課後や休日を返上して無我夢中で練習した、学生時代の部活動。
 練習は辛かったし、先輩にもしごかれる中で、部活を辞めていく同級生も沢山いた。
 自分は優秀な部員ではなかったけど、歯を食いしばって3年間諦めずに頑張った結果、
 引退直前の県大会で見事優勝する事が出来て、あの時の感動と達成感は忘れられないな…
 →乗り越える力や、苦労をバネにして結果を出す力が自分にはあるんだという自信がみなぎる

でも良いですし、

 誰にも懐かない猫が、自分にだけすり寄って来た。
 あの時の嬉しさがきっかけで、動物を好きになったんだっけ…
 →自分を認めて選んでくれた嬉しさ、喜び

何でも良いです。

遠い記憶でも、近い記憶でも、思いを馳せてみてください。
そして、その時「自分がどんな状態か?」に焦点を当ててみてください。

「その時に感じている自分の気持ちは?」
「感じている温度は?」
「周りから聴こえて来る音は?」

その時に戻って振り返り、集中して「想像」すると、
心がホッと落ち着くような、肩の力が抜けるような、ワクワクして力がみなぎるような、
そんな「幸福感」を思い出す事が出来れば大成功です☆

難しいかもしれませんが、想像力豊かなあなたにならきっと出来るはず☆

この「幸福感」を、意識的に思い出し呼び起こす事が出来れば、
モヤモヤとしたネガティブな感情を撃退する一つの方法として活用する事が出来ます。

①悪い方向に意識が向き、落ち込みそうになったら、まずその感情に「気付く」こと。
②悪い感情をひとまず置いておき、「幸福感」を感じた自分の記憶を呼び起こし、その時の自分に入り込む。
③思う存分幸福感に浸ってください。そしてその時に感じていた感情を呼び起こす!

自分が経験した「幸福感」を改めて思い起こし、その感情に浸る事で、
自分はこんな幸福感を感じる事が出来るんだ。」という事実に基づいた自信があらわれます。
それが出来れば、「このモヤモヤとした感情は一時的なモノなんだな。」と理解し、納得出来るようになるのです。

いつも悪い方にばかり意識を向けていた妄想も、
幸福で満たされる感情にフォーカスすると、妄想の新しい使い方を発見した!という感覚になりませんか?笑

せっかく生まれ持った素晴らしい「妄想力」を、わざわざ悪い方向に働かせるのは勿体無い。

悪い方向ではなく、良い方向へ妄想するクセをつける事で、
モヤモヤ感じやすい体質や、なんとなく生きづらい…と思っていた感情も前向きに操作されていくのです。

モヤモヤと悩む事もあるけれど、それは一時的な感情だから大丈夫。
むしろ、自分がわざと呼び起こしている感情かもしれません。

意識して、自分の感情の性質を知ること。
そして、「妄想癖」の軌道修正を測ること。

こんな梅雨の季節にこそ、試してみてくださいね☆

思考・考え方カテゴリの最新記事