完璧主義者の憂鬱。

完璧主義者の憂鬱。

何となく気分が優れないなという日、
誰かと会いたいような会いたくないような日、
何にもしたくない日。

きっとそれは誰にでも起こり得ることだと思います。

そしてそう感じるということは、心と体が少し疲れちゃっているのかもしれません。

そんな時に自分を責めてしまう人って多いと思うのですが、
責めてしまう人ほど真面目で完璧主義な人だったりするのです。

完璧主義と言っても周りの意見を聞き入れなかったり、周りに対して求めるものが大きかったりというような、周りに対しての完璧主義ではなくって、
自分に対する完璧主義の人って実は多いと思うのです。

自分に課することが多いんでしょうね。

こうでなくてはいけない。
こうしなくてはならない。
そんな縛りが多い人は、もしかして他人の見え方で自分自身も考えすぎているのかもしれません。

そういう人ほど、たまに息切れを起こしてしまいます。
もっと走れ!って目の前に人参ぶら下げてお尻を叩いているんですけれども、もうどうしようも走れない。。。
そんな日もあります。
いや、そんなに無理矢理に走らせていたら、走れるものも走れなくなる。
だからきちんとした休憩を入れましょうねっていう話⭐︎

人間ストレスの溜まる事ばかりしていたら、疲れて走れなくなっちゃいます。
何もしない、出来ない自分を責めずに、認めてあげて受け入れてあげてください。
そしてそんな日を作ってあげてください。

そうしたらまた明日から気持ち良く走れるかもしれません。

どんな環境に自分がいたとしても、ストレスが無いことなんて有り得ないですし、
ストレスが全て悪だとは思いません。

しかし、たまには縛りを解いて許すこと。
自分自身の本当の気持ちを見つめること。

「こうでなくてはいけない」が強すぎると、自分の首も周りの首も締めるような息苦しさを与えてしまいます。
もっと肩の力を抜いて大丈夫です。
疲れているのなら休んで大丈夫なんです。

まずはあなたが楽しく、生き生きするような出来事を考えて、
ちょっと不真面目の練習をしてみるのも新しい発見があるかもしれません。

最近のお天気の悪さや、季節の変わり目で体調を崩したりがきっかけで、
鬱々とした気分に支配されている方がいるとしたら。
そんな風に、ちょっとだけ思考の軌道修正を計ってみてください。

何のやる気がわいてこなくても、あなたは何も悪くない。笑
きっとまたやる気が自然とわいてくる日が来るから。
また明日から頑張りましょう^^

生きづらいカテゴリの最新記事